低炭水化物ダイエットは本当に健康に痩せられるの?

最近はご飯やパン、麺類などの炭水化物を減らす(場合によっては全く食べない)という、いわゆる「低炭水化物ダイエット」が流行しています。

実際に現在実践している、という人も多いのではないでしょうか。

でも、炭水化物というのは本来体に必要な栄養素のはずです。

そもそも、低炭水化物ダイエットというのは、本当に健康的に痩せられると言えるのでしょうか。

炭水化物さえカットすれば痩せる?

そもそも、なぜ炭水化物イコール太ると言われているかというと、摂りすぎることで脂肪に変わりやすいからです。

脂肪の多い食事は太るとよく言いますが、実際のところ、摂りすぎることで中性脂肪に変わりやすいのは脂肪(脂質)ではなく炭水化物(糖質)なのです。

なので、中性脂肪に変わりやすい炭水化物をカットすることは確かにダイエットにとっては理にかなっています。

ただ、炭水化物をカットしてたんぱく質メインの食事にしようとすると、肝臓や腎臓に負担をかけ、逆に代謝機能が落ちてきてしまうことが考えられます。

なので、長期的に継続すると、逆に太りやすくなったり体調を崩してしまう危険性があります。

炭水化物を制限することの危険性とは

炭水化物に含まれる糖質というのは、脳の唯一のエネルギー源だとされています。

なので、炭水化物を全く摂らない、もしくは減らしすぎてしまうと、脳への栄養が不足し、集中できない、イライラするなどの影響が出てきてしまいます。

また、筋トレの際のエネルギーも、ブドウ糖が形を変えて貯蔵された「グリコーゲン」というもの。

なので、炭水化物不足の状態で筋トレをしてしまうと、エネルギー不足になってしまうばかりか、不足したエネルギーを補うために筋肉が分解されて結果的に筋肉量が減少してしまうんですよ。

まとめ

低炭水化物ダイエットというのは、もともと炭水化物を過剰に摂りすぎている人が量を制限(正常に近い量に)することで痩せることができるものであり、現状摂りすぎていない人が完全にカットしてしまうという方法で行うと逆に健康を害してしまう恐れがあります。

実践するのであれば短期間、かつ量を少し減らす程度にして完全にカットすることはしない、ということに気を付けるようにして下さい。

ダイエットの運動は、有酸素と筋トレどちらが良い?

ダイエットのための運動というと、エアロビクスやジョギングなどの有酸素運動、そして筋トレが挙げられますね。

世間ではこの有酸素運動と筋トレ、いったいどちらのほうが本当にダイエットに効果があるの?と議論されたりもしますね。

本当のところはどうなのでしょうか。

脂肪を燃焼させる効果は有酸素運動が上

有酸素運動と筋トレを比較すると、脂肪を燃焼させる効果というのは有酸素運動のほうが上です。

それは、糖質をエネルギー源とする筋トレと違い、有酸素運動が脂肪をエネルギー源とするから。

なので、短期間ですぐに脂肪を減らしたい!と言う場合は有酸素運動が上だと言えますね。

ただ、もちろん有酸素運動で脂肪を燃焼させても、「今日は運動したから」とたくさん食べてしまっては無意味ですよ。

筋トレは筋肉をつけることで基礎代謝を上げる

消費カロリーだけで比べるのであれば、筋トレよりは有酸素運動のほうが上です。

ただ、筋トレの大きな効果は、筋肉を肥大させるということ。

筋肉量が多くなればその分基礎代謝は上がるので、それだけ痩せやすい体になります。

実際のところ、人間が消費するエネルギー全体の中で7割近くは基礎代謝が占めているのだそうですよ。

基礎代謝というのは一般的に加齢によってどんどん落ちていきますが、筋トレ等で低下を食い止めることができます。

筋トレは、継続することで長期的に痩せやすい体を作り上げてくれると言えますね。

結論から言うと、短期的に痩せやすいのは有酸素運動、長期的に痩せやすい体を作ってくれるのは筋トレだと言えます。

もちろん、二つを組み合わせることでより効果はアップします。

その際は、筋トレを先に行うことでより有酸素運動での脂肪燃焼効果が上がりますよ。